【結婚式席次表和風】市松桜席次表【少数部数(30部まで)】

ichimatsu-reception_few
ichimatsu-reception_few
ichimatsu-reception_few

必要事項をご入力ください。1部単位でのご注文が可能で、価格は1部あたりとなります。ご注文の際は必要部数をカートに入れるようお願いします。

結婚式の日付(西暦)
新郎様の名前
新婦様の名前
ゲスト数(予定)
在庫状態 : 在庫有り
¥21,000(税別)
数量

こちらの商品について

30部までの小数部数をお求めの方向けの商品です。30部まで一律21,000円となります。

31部以上お求めのお客様は下記ページよりお買い求めください。

品が漂うアイボリー

招待状も席次表も台紙の色は「真っ赤」でも「アイボリー」でもどちらでもお選びいただけます。

アイボリーの台紙に市松の友禅和紙を合わせると本当に大人しい品が漂います。

なぜなら大胆に大きい市松模様に対してちりばめられている小さな「桜柄」がピンクや金で散りばめられていて、とても華やかで美しい友禅紙を使用しているからです。

アイボリーをベースにした招待状や席次表には優しい感じを壊さぬよう小梅結びの水引はピンクを使用しています。

和モダンで派手な印象の赤

同じ友禅和紙を使用しているのに、真っ赤な台紙を使うとあっという間に和モダンで派手な印象の招待状になります。

これが友禅紙と台紙の色の掛け合いの面白さです。

紅白で真っ赤な部分が目を引く水引がさらに和紙を引き締め、クールでお洒落な印象を与えますので好みは大きく分かれるかもしれません。

アイボリーとピンクの水引、真っ赤な台紙で紅白の小梅水引で両パターンからお選びいただけます。

桜柄も舞うように入っていますが、市松という定番の和柄がメインな上、桜柄は日本の国花でもあるのでこの組み合わせはまさに季節は問いません。

例えば、夏ごろに招待状をお出しになる場合は台紙をアイボリーで、時が経ち、晩秋のころに結婚式を執り行う場合、当日の席次表は真っ赤に変える。そんな感じで両方の色合いで楽しんでいただいても素敵ですよね。

会場で渡される席次表はアイボリーの台紙で。。。お席に座った時の席札は真っ赤の台紙でというような色違いの演出も素敵なのでおすすめです。