結婚式の席次表・おさえておきたいマナーや注意点

結婚式の席次表は、ゲストの席を案内する役割だけではなく、ゲスト同士を紹介するという役割もある大切な表です。

その分間違えれば、ゲストに対しとても失礼にあたるので注意が必要です。

今回はそんな席次表の知っておきたいマナーや、注意点について紹介していきます。

そもそも席次表って?

席次表とは、結婚式の披露宴会場の見取り図にゲストが座る位置を記載したものです。

一般的には、新郎新婦が座るメインの席に向かって左側が新郎側ゲストです。また右側が新婦側ゲストです。

ゲストの名前だけでなく、肩書きをつけるのが一般的です。しかし最近ではカジュアルな結婚式や、ゲストが主役といった結婚式も増えてきています。その為、あえて肩書きを記載しないといった席次表もあります。

また、席次表には新郎新婦のことをよりゲストの方々に知って頂く為に、ふたりのプロフィールを載せることが多いです。

席の配置はどうしたらいいの?

先程説明しましたか、高砂席に向かって左側が新郎関係者、右側が新婦関係者席になります。

ゲストの方々に披露宴をよりいっそう楽しく過ごしてもらう為に、席順はとても大切なポイントになります。

仲の良い人を隣同士にしたり、場を盛り上げてくれる人を席の真ん中に配置するなど工夫しましょう。

席の配置の際に基本になる上座、下座とは?

結婚式での「上座・下座」は新郎新婦とのかかわりや立場できまってきます。

上座とは

新郎新婦が座る「高砂席」から近い席が「上座」になります。

主賓・上司など目上の方は上座に座ってもらうようにしましょう。

会社関係者の席順は、間違えてしまうと大変失礼にあたるので気をつけましょう。

役職の順に上座から配置するのが基本的なマナーです。

年齢や社歴などを考慮すると混乱してしまうので、結婚式では「役職の順に上座から配置する」という基本ルールにした方がいいでしょう。

しかし役職が同じ人がいる場合は、年齢や社歴などで判断するようにしましょう。

下座とは

ゲストをもてなす側に座るのが下座です。

家族は「高砂席」から最も遠い「下座」に座ります。その中でも末席に両親が座ります。

上座、下座を踏まえた上で、席次表を作成しましょう。

テーブル内での席の配置はどうしたらいいの?

仕事関係は先程説明しましたが、友達や親族のテーブルでは、夫婦や親しい人同士を隣り合うよう配置するようにしましょう。

メインテーブルに対し背を向けて座る配置に、目上の人や年配の人の配置をしないように気をつけましょう。

メインテーブルに背を向けて座る配置にすると、何か注目する際に身体をひねる必要があります。こういった細かい心遣いもできると、より素敵な席次表に仕上がります。

席次表、親族の肩書きについて

親族

父母の兄・姉 … 伯父・伯母

年下のいとこ … 従弟・従妹

父母の弟・妹 … 叔父・叔母

両親 … 「様」はつけない

年上のいとこ … 従兄・従姉

お子様 … 「くん」「ちゃん」をつけます

会社関係

会社社長 … 株式会社○○ 代表取締役/株式会社○○ 取締役社長

勤務先上司 … 株式会社○○ ○○部 部長/新郎会社上司

退職した上司 … (元職名)元株式会社○○ ○○部 部長/(現職名)株式会社○○ ○○部 部長

勤務先の先輩 … 新郎(新婦)会社先輩/新郎(新婦)先輩(企業名・部署(役職がある場合は役職も)を記載しても良い)

同僚、後輩 … 新郎(新婦)会社同僚/新郎(新婦)同僚(企業名・部署(役職がある場合は役職も)を記載しても良い)

元同僚 … 新郎(新婦)会社元同僚

席次表の記入例と役立つテクニック

見やすい席次表にする為には

  1. 文字のサイズは大きすぎず、小さすぎず
  2. 隣卓との距離は均等にする
  3. ゲスの名前の幅を統一にする
  4. 各席のゲストの上下の位置を合わせよう

席次表の“様”は揃えよう

席次表をより美しく見せる為に、名前の間隔を調整し“様”の位置を揃えるようにしましょう。

細かいことですが、最後の“様”がずれてしまうことで、全体的にバラつきが目立ち綺麗な席次表にしあがりません。

新郎新婦でゲストの人数が合わない時は?

場合によっては、新郎新婦のゲストの数に差が出てしまう事があります。

そんな時は親族席はそのままに、新郎新婦の友人ゲストのテーブルを混ぜて配置するという応用編もあります。

こういった場合は、ゲストの性別、年代などに配慮して席を配置するように気をつけましょう。

準備は早めに取り掛かろう

席次表を作成するには、ある程度の参加人数が分かってからでないと難しいかと思います。

結婚式は急な人数変更などもあります。

しかしある程度、自分の中で席次表の中身をイメージしておくことで、いざ作成しようとした時にスムーズに取り掛かることができます。

何事も準備を早めにしておくことで、後々の作業が楽になります。

最後に

これであなたも席次表マスターです。

ゲストの方々に、より披露宴を楽しんで頂けるよう、気配り心配りを忘れずに素敵な席次表を作成して下さい。

また、下記よりUPLANオリジナルの席次表をご覧頂けます。

高クオリティとこだわりのブライダルアイテムをモットーにしておりますので、ごゆっくりご観覧下さいませ。

結婚式席次表

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA