結婚指輪はいつ買うの?費用の相場は?気になる結婚指輪について徹底解説‼︎

結婚といえば、彼とお揃いで一生身につける〝結婚指輪〟を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

結婚指輪は2人の愛の証ですよね。一生の記念に残るものだからこそ、納得がいくまでとことん選びたいですよね。

でも、みんないつ頃から検討し始めてるの?予算はどのくらいなの?と気になっている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな指輪の疑問〝用意する準備期間〟〝費用〟〝指輪をつけるタイミング〟をご紹介します。

婚約指輪と結婚指輪の違いって??

婚約指輪(エンゲージリング)

婚約指輪とは、男性が婚約の記念に送る指輪です。プロポーズで指輪を受け取る瞬間は、女性にとっての憧れではないでしょうか。

結納品のひとつとしても用いられています。

しかし最近では、プロポーズ後にふたりで指輪を購入しにいくというパターンも多いようです。

デザインにこだわりがある女性も多いので、ふたりで一緒に選びに行くのも良いですね。

ダイヤモンドのデザインのものが選ばれることが多いですが、最近は誕生石やパールを選ぶ人も増えてきています。

婚約指輪は別名エンゲージリングとも呼ばれています。

結婚指輪(マリッジリング)

結婚指輪は、結婚式の時に二人が交換するペアの指輪のことをいいます。

結婚の証としてご夫婦おふたりでつけるリングです。多くの人が、日常生活で指輪をつけたまま生活するので、プラチナや金でできたシンプルなデザインが一般的です。

結婚指輪は別名マリッジリングとも呼ばれています。

指輪の費用はどのくらい?みんなの相場は?

婚約指輪

一度は耳にしたことがある、婚約指輪は「給料の3ヶ月分」という言葉。実際にはどうなのでしょうか。

最近は結婚式やハネムーン旅行など、費用がかかる行事がことが多いことから、給料の1.5カ月分が平均の値段のようです。

金額にすると、20万円〜35万円あたりが平均です。

結婚指輪

結婚指輪の相場は15万円〜20万円前後が平均です。

婚約指輪に比べて、ダイヤモンドのサイズも小さいものが多いことや、石自体がついていないシンプルなデザインを好む方も多いので、指輪の費用が抑えられています。

購入する人の年代、年収などによっても金額は変わってきます。

ちなみにアンケート結果によると、指輪の購入者は以下のような結果になりました。

第1位 ふたりで購入 63.6%

第2位 夫が購入 29.3%

第3位 妻が購入 7.1%

出典:※みんなのウェディング

結婚指輪を買うタイミングはいつ?

結婚指輪の購入時期は、結婚式の7ヶ月前~3ヶ月前までに購入するのが一般的です。

余裕を持って、6ヶ月前後で購入する人が多いようです。

極端な話をすれば、結婚指輪は式に間に合えば問題ありません。ですが、結婚式の3ヶ月前からはかなり準備が忙しくなるので、余裕をもって用意しておきましょう。

オーダーメイドで指輪を購入する方は、さらに余裕を持って早めに準備にとりかかりましょう。

指輪を購入する際は、事前の下調べももちろんオススメですが、1店舗だけでなく2.3店舗実際にお店に足を運んでみるのもいいでしょう。

お店によって、指輪のオススメポイントも違うので、ゆっくり店員さんの話を聞いてふたりで選んでみてはいかがでしょうか。

結婚指輪を選んでから受け取りまでのスケジュールは?

婚約指輪は購入後、すぐには自宅に持って帰れません。何故かというと、婚約指輪の多くはリング部分とダイヤモンドを別々に選んで作るセミオーダー方式が多いのです。

既製品のリングであったも、指輪の内側に刻印(ふたりのイニシャルや記念日)を入れたり、在庫がない場合は取り寄せになります。

その為、注文してから手元に届くまでおよそ2週間~1カ月はかかります。

フルオーダーの場合は、もっと時間がかかることが多いです。

情報収集や下見にはたっぷり時間を取って、結婚式や新生活の準備が忙しくなる前に、余裕を持ってスタートするようにしましょう。

みんな結婚指輪はいつからつけるの?

結婚式の前に結婚指輪ができている場合、結婚することが決まっているので着けても構わないのか、それとも挙式の当日まで待った方がいいのか、いろいろと悩んでしまいがちです。

とはいえ、結婚指輪を着け始めるのに、特に決まったルールはありません。

指輪ができたら早速着けてみたいと考える方もいれば、入籍や結婚など特別なタイミングから着け始めたいという方も多くいます。

しかし、結婚式をあげる場合とあげない場合とでは指輪を着け始めるタイミングが異なります。

ここでは、タイプ別に結婚指輪着け始めるタイミングをご紹介します。

式を挙げる人

結婚式をあげるカップルの場合は、結婚式や挙式のタイミングで結婚指輪を着け始めるのが一般的です。

大切な夫婦の証である結婚指輪は、挙式で指輪交換する際に初めて薬指に着けて、挙式後はずっと外さないと考える方が多くいらっしゃいます。

先につける場合は、式当日は指輪のクリーニングをしておくのがオススメです。

式を挙げない人

結婚式をあげない場合には、夫婦の証として結婚指輪を着ける気持ちを大切に、おふたりで相談してお互いに納得した日から結婚指輪を身に着けるのがおすすめです。

おふたりの記念日として一緒に住み始めた日や誕生日、クリスマスといった日を選ぶこともできます。

また、カレンダーをみてお気に入りの数字や語呂のいい日を選ぶこともできるでしょう。

他にはこんなパターンも

  • 挙式前でも入籍した日からつける
  • 購入したらすぐつける
  • 購入後、見せたい人に会うタイミングでつける

まとめ

結婚指輪はいつから着け始めるもの、といった決まりはありません。

式をあげる、あげないに関わらず、結婚指輪を着け始めるタイミングはおふたりで相談して決めることが大切です。

素敵な結婚生活をスタートさせてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA